ふれーゆ裏たぬきのトリック仕掛釣り日記

横浜港奥の『昼間は釣れないふれーゆ裏』での夕まずめ釣りをメインに1年中、アジ嬢を追いかけまわしております。

6/28は2回目のみなとみらい出張^ ^(竿休め20220628)

今日は朝イチから、自宅を出て、みなとみらい出張に出発。桜木町駅に8:30に到着。駅からは、ランドマークタワー方面に向かうリーマンの群れ。

ランドマークタワーに向かう、動く歩道も結構な混雑。ランドマークタワーのショッピングモールに入ると、コラボ中の巨大なウルトラマン像大小が、まだ展示中でした。

まだ、シン・ウルトラマンは観てないけど、そこそこに観客の入りは良いとか。さてと、ものようにマックで、朝ご飯。

ランドマークを出て横浜美術館方面にある高層ビルにフェードイン。

昼は近くのショッピングプラザの築地食堂源ちゃんでランチ。サバ味噌定食(刺身付き)を注文。

サバは文化干しをサバの味噌煮にした?みたいなスペック。まぁ、こんなモンでしょうねェ。秋口のメガサバ回遊が待ち遠しい。

みなとみらい地区はビジネス街と観光地が融合している地域で、悪く言えばグチャグチャで、なんだろな?地域。

昼食も終わり、再び業務を開始。18:00で業務を終了して外に出ました。お昼は、なんだろな?サバ味噌定食だったので、夜は美味い物が食べたい。

となると、みなとみらい線高島町駅近くの、蕎麦屋香炉庵に。平日は開店しているので、問題無し。

入店すると来客は複数名しかいない。注文は唐揚げ蒸篭の一択。しばらくすると、すだれで仕切られた左隣り席に女性2、男性1のグループが来店。

結構、話し声が大きいから、聞きたくなくても話が入って来る。近くにある慶友病院の医者達らしい。

1人がけの女性がこの中では古株の30代で、男性は研修医あがりの新人。もう1人の女性も同様らしい。

この場にいない、男性より若手の新人医の話題で?盛り上がっていました。遅刻はしないものの、来ていても支持しないと準備をしていないとか、気が利かないなどなど。

まぁ、どんな業界も同じ様なモンなんだろうなぁ。まぁ、気がきかない、たぬき親父の場合は、もはやシーラカンス>* ))))><

いつまでいるんだ、あの親父^ ^とか、言われているんだろうなぁ。やっぱり。まぁ、目立たず、騒がす、ひっそりとやってきます。

お腹も一杯になり、支払いをして店外に。夕暮れに染まり出した、みなとみらいを横浜駅に歩き、電車🚃に乗込み帰宅しました。

6/24(金)はテレワーク後に、ふれーゆ裏に釣り🎣に行く予定で準備を始めなくては。

6/26(日)、27(月)は今年2回目の、箱根仙石原湯治に行く予定です。

6/19は父の日で本牧&元町散策^ ^(いつまで竿休め20220619)

昨日、6/18(土)は、横浜駅から、みなとみらい、赤レンガ倉庫、中華街、伊勢佐木町関内駅と散策して帰宅。

6/19(日)は父の日。かみさんが、ご馳走すると言うので、本牧のいなせ寿司🍣に朝メシを食べずに出発。(たぬき家はWワーク)

最寄駅から横浜駅経由で桜木町駅に到着。桜木町駅前も、結構な賑わい。駅前広場に、人だかりが出来ていて行列が。

何かな?と先頭を見てみると、エナジードリンク・モンスターの無料配布。早速並んで、ゲット。500mlボトルのグリーンモンスター。

新製品のキーウィ🥝味らしい。色もフレッシュグリーン。飲んでみると酸味がある、メロンジュースみたいな感じ。

桜木町駅前から本牧行きバス🚌に乗車。潮崎町下車、徒歩5分で、いなせ寿司🍣に到着。時刻は、12:05過ぎ。

11:30開店の寿司屋。店内は満席状態で、内外に入店待ちの客が5組。それでも10分待ちぐらいで入店する事が出来ました。

いつものように、たぬき親父は握りセット物で、かみさんは、お好み。かみさんは、流氷ウニ、アナゴ、中トロ。

今日はトロ、ウニ無しのセットで14貫。あら汁付き。これだけでも、結構な量で、普通の人?満腹になる事請け合い。

かみさんは、追加で、つぶ貝と〆さば。たぬき親父は、カツオとダルマイカ🦑。かみさんが、イナダ、蝦夷アワビ、トロたく巻き。

トロたく巻きを食べる前に満腹になったので、トロたく巻きは、たぬき親父が担当して完食。

お腹一杯になり、バス🚌に乗込み、元町バス停で下車。一本裏側の道をテクテク。中程にある厳島神社にお参り。

厳島神社の境内に金比羅山&伊勢神宮支社があるので、此方もお参り。この先には、老舗のフレンチレストランの元町霧笛楼。

20代の頃に入った記憶が。なんかの社内行事だった様な?気がするけど、忘れてしまいました。

外人受けする和洋折衷な部屋があったり、装飾も野暮ぎりぎりだった様な感じでした。フルコースを食べた記憶が。

名物はフレンチ風カレー🍛と、お菓子は焼菓子の赤レンガ🧱で、近所のスーパーでも、販売している横浜の名物。

この通りは表通りと違い、リーズナブルなセットものランチを提供するイタリアンのお店がずらり。

近頃は外観や内装は、洋食屋にしか見えない、変な寿司屋🍣も出来ている。ギャラリー寿司屋あまねと言う店名。

アートギャラリーと寿司屋が融合した、こだわりの店舗らしいけど、なんか、おっさんには入りづらい。

道の端には、ぐにゃりと曲がった、珍しい電柱があるのも、通りの特徴。和菓子屋の横浜香炉庵で休憩しようと思ったら、甘味処は休業中。

コロ助影響で閉めたのかな?最中と、どら焼きをお土産に購入して、早々に退散。

元町の山下埠頭側にある、老舗パン屋ウチキパンに。創業1888年だから明治21年に創業。日本で初めて食パン🍞を販売したパン屋。

値段が安い訳でも無く、格別、美味いパン屋でも無いけど、たまに食べたくなるパン屋さんで、結構、買いに来ています。

パン屋の左手を上がった先には、山手の外人墓地。左右の階段、道を登ると山手方面に出る事が出来ます。

川沿いの道を歩いて、フランス山前を抜けると、右手にメガドンキホーテ。ここは、昔の知る人ぞ知るバンドホテル跡地。

左手に曲がると人形の家で、その先がマリンタワーマリンタワーは閉鎖されて、周りの敷地を柵で覆われていました。

敷地には雑草がワサワサ。改装中で2022年4月以降に開業予定らしいけれど。どうしたんだろうネェ。

紆余曲折があって、現在の持ち主は横浜市だけれど、何せ赤字財政で金が無い。横浜市は神奈川県内市町村で住民1人あたりの借金が堂々の第1位。

なのに議員報酬も第1位。にもかかわらず、市庁舎を、みなとみらい地区の高層ビルに移転するなど一般感覚では理解不能

光都市横浜はコロ助影響で財政も大打撃を受けて、毎年の不足金は500億円を軽く超過。1発大逆転の大博打でカジノ誘致を目指したものの、自滅党の候補者争いで自滅。

野党が担いだ新市長になったものの、四面楚歌で何をやろうにもカネが無い状態。住民は老齢化が進んでるしねェ。

山下公園から水上バスに乗って、横浜駅に戻ろうとしたら、マリンルージュなどの観光船乗り場も含めて改装中の為、閉鎖。

山下埠頭のガンダムイベントは来年3月まで延長になった様子。イベント終了後の山下埠頭再開発はカネが無いから未定状態。

それでも、構想だけは、ご立派に進行中みたいです。カネをかけなくて良いから、釣りが🎣出来る施設を作ってくれないかな?

赤レンガ倉庫前から、水上バスも観光船も出ているんだとか。仕方なく山下公園を歩き、大桟橋方面に。

大桟橋には、豪華客船飛鳥が停泊中。並列に並んでいる遊覧船ロイヤルウイングが小さく見える。

丁度、遊覧船が出港するようで、汽笛が鳴り、ゆっくりと離岸して行きました。それを横目に見ながら赤レンガ倉庫に。

数組が釣りを🎣していて、丁度、カタクチイワシが廻っているようで、ボチボチと釣れていました。

ここから、水上バスに。横浜駅東口の横浜ベイクォーターまでは、約15分足らずで到着する短い航海。

観光客の団体さんも乗り込んで来て、船内は満席状態。赤レンガ倉庫の船着場から、ふれーゆ裏にも現れるマリンルージュやマリンシャトルも、ここ発着。

これも夜に見かける、ナイトクルーズ船も、この桟橋から出ていました。

船体横がブルーにライトアップしているから、ふれーゆ裏で夜釣り🎣をしていると、よく見かけます。

横浜そごうで買い物をして、虎屋甘味処で抹茶かき氷🍧を。今年も少し値上がりしていて、1400円。ランチ価格のかき氷。

横浜駅から電車に乗込み、なんだかわからない、父の日イベントも無事に終了しました。

今月は釣りに🎣行けるかなぁ。釣れないし雨降る☔️し、風も吹くし、釣り場はヤブ蚊🦟だらけ。

まぁ、釣れないウチに夏到来。今年の夏は暑い🥵みたいだし、何をしようかなぁ。(釣りしろ、釣りを🎣)

6/18、19はヨコハマ散策&B級グルメ三昧^ ^(竿休め三昧20220618)

6/18(土)は夕方から雨☔️の天気予報。「昼間は釣れない、ふれーゆ裏」で夕まずめから夜半にかけて雨☔️じゃあ、釣りは中止。

取り敢えず、先ずは朝イチから、ルーティーン・ワークの歯医者通い。そろそろ、月イチじゃなくて、2ヶ月に1回でも良いかも。

歯医者治療が終わり、ネットで見た中華街・大珍楼の飲茶アウトレット(毎週土曜日の13:00〜13:30開催)に行ってみる事に。

最寄駅から電車に乗り横浜駅下車。混雑する改札口を抜けて、東口の横浜そごう右側にあるエスカレーターを登ります。

日産HQに抜ける橋から、東側の横浜ベイクォーター方面を見ると、みなとみらいアリーナ建設が着々と進行中。

その前には高層ビルが2棟建設中。変わらないのが運河と浚渫船。橋の下で釣り🎣をしている釣り人がひとり。

下を覗き込みと、黒くてデカいサカナが、行ったり来たり。それも数匹の群れでウヨウヨと動いている。

眼を凝らして良く見ると、正体はクロダイで、遠目からみても、40〜50センチぐらいはある、ご立派な??サイズ。

ふれーゆ裏より、魚影が濃い?のは、皮肉だなぁ。ここは、横浜駅の裏口。釣りは🎣、禁止されていない場所。

日産横浜HQに入り、さっさと反対側に通路を抜けようと思ったら、何と展示スペースに、新型フェアレディを発見。

今まではステージ展示だから、近くに寄れなかったけど、近くで見る事が出来る。もう、かつ節にたかるネコみたいに駆け寄る、たぬき親父。

フラッグシップカラーはレモンイエロー。前からの面構えは、低くてロングノーズ。ヘッドライトの位置も形状もカッコいい。

7月には発売されるらしいから、秋の空いた頃には試乗が出来るかも?知れません。買えないけど、これは乗ってみたい。

ルーフ形状はサングラスシールドのダブルバブルみたいな形状。それも、控え目な形状で、ホラホラ!みたいな感じじゃない。

ロングノーズ&ショートデッキで、リアは太くてタイヤハウスは外に出てグラマラス。極端なローワイドじゃない形状も良い。

良いなぁ、欲しいなぁ、かみさんに、軽く交渉したら、「買っても良いけど、クルマで寝泊まりしてよね^ ^」と言われるし。

名車?コーナーでは懐かしいローレルが、3台展示されていました。古い4ドアはあまり、馴染みがないモデル。

こちらのハードトップは先輩が乗っていて、良く乗せてもらった、当時は、クーペスタイルの売れ筋車種でした。

ボディカラーは白。で、次に購入したのも、ローレル。ボディスタイルが変わり、ケツのバンパー形状が変わりヒップアップに。

ローレルか?スカイライン。街中では良く見かけました。その後、日産はローレルをオッさんファミリーカー戦略で改悪。

ロゴは「ゆっくり走ろう!ローレル」ウ〜ン??ハードトップクーペで、ある種族はシャコタン、ハコ乗りしていたローレル。

ローレルは、4ドアセダンのファミリーカーに変貌。そして、スカイラインは、ダッサいスカイラインジャパン^ ^に。

極め付けは、当時のサニーのフロント、リアを変えてローレル・スピリット( ̄(工) ̄)/

更にスカイライン・ミニ(笑)こちらはパルサーのフロント、リアを変更。売上げは、当然、ガタガタ。

そこから、日産は奮起して、スカイラインは鉄仮面やRS、R32GTRが出て来て復活。

ローレルは継承車は無しで消滅してしまいましたとさ。今じゃあスカイラインのみです。

クルマのウンチクをタレ出すとキリが無いので退散。目指すは高島町蕎麦屋香炉庵。開店は11:00で日曜、祝日は定休日。

開店と同時に入店する事が出来ました。カツ丼蕎麦セットを注文。店内はまだ、ガラガラだったものの、カツ丼が来た時には満席。

今日は唐揚げは無し。これから、みなとみらい、赤レンガ倉庫、山下公園を抜けて中華街でラーメン🍜かエビチャーハンでもブランチでやっちゃう予定なので自粛。

食べ終えて、みなとみらい美術館方面に、ぶらぶら。美術館は、改装中の為、休館中。前の広場は芝生でシート引いて寝転ぶ人や散策する人、ベンチで寛ぐ人がウロウロ。

大道芸準備中のランドマークタワーとクィーンズタワー間の広場。右手は旧三菱造船所のドック跡。底は広場、左右の壁内は飲食店街になっています。

修理などで船をドック内に引き込んで、大型ポンプで海水を排水すると、船と一緒に入り込んだサカナが、底でバシャバシャしていたらしい。

遊園地方面に抜けて、運河沿いに観覧車🎡やジェットコースター🎢を横目に赤レンガ倉庫方面に。

赤レンガ倉庫も大規模な修復工事中で休館中状態。広場では園芸YouTuber主催で50店舗程度の花や観葉植物の即売会を開催していました。

何故か?横浜のボイストレー二ング教室主催でコンサートも開催中。歌手?の前で身内?らしき数名が一緒に踊り、盛り上がっていました。

赤レンガ倉庫前を抜けて、シルクセンター前を通過。レストラン街を抜けて山下公園方面にテクテク。

パスポートセンター前を抜けて中華街方面にテクテク。パスポートセンターが入っているビル内に刀剣即売場があります。

高価な美術日本刀は、カケ、ヒビは論外で、サビやツカの鮫皮、糸がほつれたり汚れてる状態もダメダメ。

粗悪な明治、大正物や、戦争で需要急増した、昭和新刀も二足三文。あと、何にも、問題無い様に見えて、曲りやら反り、曇りやら、つばきもとやらの、汚れもダメ。

日本刀は購入には免許は不要で誰でも購入可能だけど、持ち運びは、銃刀法違反に抵触するから、要注意です。

で、パスポートセンター裏のデカ盛り蕎麦屋富士山盛り🗻)の味奈登庵(みなとあん)前を抜けて、中華街に。

中華街門をくぐると、道路が見えない程の人の群れ。人の頭の上を歩けそうなぐらいの大混雑。

メインストリートのガイドブックで紹介されている店の前は、どこも行列。何本か?目の横道の、香港路に左折。

しばらく行った先を右折して、裏道の名店、福樓に。エビチャーハンでもと思ったけど、まだ空腹じゃ無いのでパス^ ^

関帝廟前の交差点を左折。大珍樓の食品工場前に到着。毎週土曜日の13:00から13:30まで、訳あり飲茶食品のアウトレットを開催。

時刻は13:00。裏口の入口前に数名が列を作り並んでいました。入口前には飲茶食品の自販機があります。

この自販機商品もお店で食べるよりも格安で販売。アウトレット販売商品は店舗販売価格の50%オフ。

肉まん、あんまん、フカヒレまん、小籠包、シュウマイ、水餃子、エビ餃子、翡翠餃子やお菓子も販売。

購入したのは、水餃子(餃子王将🥟の3倍ぐらいの大きさで皮が分厚いのが特徴)30個入り、エビ餃子20個入り、小籠包12個、肉まん1個、フカヒレまん1個を購入。

中華街、横浜スタジアム前を抜けて、馬車道通りに。関内駅方面歩き、小腹が空いたので、入った事がない焼肉ライクに入店。

ここは、大手ラーメンチェーン幸楽苑系列でコンセプトがコンビニ焼肉なんだとか。注文はタブレット。料理の用意が出来ると窓口まで取りに行くスタイル。

カルビW定食を注文。ご飯、スープ、キムチ付き。ご飯は16:00までは、ランチタイムでお代わり自由。

カルビはスーパーの精肉コーナーで販売しているレベルで、食べなれた?味で悪くはないけど良くもない。

普通の焼肉屋の一皿分で、焼肉定食が食べられるから、良いかもね。お腹が一杯になったところで伊勢佐木町有隣堂に。

本を買い、路地裏の天ぷら屋登良屋に。ここも、知る人ぞ知る横浜の天ぷら屋名店。しまった!天ぷら定食にすれば良かった。

まぁ、次の機会にと言う事にして、関内駅から横浜駅乗換えで、無事に自宅に帰り着きました。

今日の夕飯は水餃子&ゴロッと大エビ🦐が入ったエビ餃子で〆ました。

大手町昼食ランチ会^ ^に参加(竿休めばかり20200616)

今日は6月4回目の大手町出社。久し振りに、9:00定時出社にチャレンジしてみる事にしました。

朝は5:30起床。朝風呂を沸かして入浴。身支度を整えて、6:30に自宅を出発。最寄駅まで徒歩15分。

電車🚃は満員状態で駅に到着。テレワークを実施している企業が少なくなった事を痛切に実感します。

それでも、混雑する横浜駅から東海道線に乗り換えると、70%程度の乗車率。品川駅で半数は下車して車内はガラガラに。

いつもの様に東京駅で下車。時刻は7:30過ぎで始業開始時間までは間があるので、南口にあるマックに。

毎度、朝マックで注文するのは、ソーセージマフィンセット(ホットコーヒー)の一択。

ガラガラだったマックも、さすがに、この時間帯は混雑。空いている席を見つけるのも一苦労。

食事を終えて時間を潰してから、店を出て日本橋出口に。出口手前のコンコースには、旅行会社添乗員や東京観光客の姿が。

毎度の風景が戻って来ていますが、外国人観光客の姿は皆無。それでも、日本政府が受け入れを再開、円高効果もあるから、今後は一気に増加するかもね。

会社に出社すると、中々、会えない同じ部の違う業務の方たちと顔合わせ。もう、2年ぶりの方たちも、いる始末。

コロ助騒動が始まった時には、数ヶ月もすれば正常化して元どおりになると思っていましたが、あれから3年が過ぎでしまいました。

現在では基本在宅勤務。必要があれば、出勤可能まで緩和されましたが、全員出社は今回の様なイベントが無ければ無い有様。

誰がフル・テレワーク時代が到来すると予測出来たでしょうか?テレワーク解禁時代到来は黒船ならぬダイヤモンドプリンセス号。

そんな訳で、会社がある地下1階のフレンチレストランで食事会がスタート。コース料理でソフトドリンクは飲み放題。地下1階から地上が見える、オープンスペースのカフェテリア。(屋根付き)

前菜はシーザーサラダ&マカロニサラダ、ニンジン🥕の酢漬け?

メインはサカナのフリッターと玄米?のリゾットにズッキーニ添え。コレは何のサカナなのか?アナゴ?カレイ?

アナゴに近いけど、微かに独特の臭みがあるサカナ。小さいハモ?でも小骨が気にならないから何かなぁ。

結局、店員に聞いてみたら、ハモとの事。なんか小さいハモだなぁ。まぁ、ハモは湯引きして梅肉添えが1番美味い😋

でも、フレンチにハモ料理があるのは、正直、びっくり。デザートはパンナコッタ。ご馳走様でした。

くまさんも参加したので、スマホでパチクリ。中々の貫禄は部長クラス^ ^

午後の業務をこなして、18:00で退社。なんか小腹が空いたので、帰りにラーメンでも食べて帰るか?と東京駅方面に。

しかし、お目当ての博多ラーメンの店は、お休み中。ウ〜ン?ここは八重洲南口地下街にある、エビ🦐ラーメンにするかなぁ。

しかし、トンカツ屋寿々木の前に来ると、行列も無くガラガラ。もう、たぬき脳からラーメンは、銀河の彼方に。

寿々木に入店。メニューも見ずに、ロースカツ定食を注文。やはり、ここのロースカツは絶品。(ラーメン🍜はどうした^ ^)

トンカツ定食を食べて東海道線に乗り込み、横浜駅経由で帰宅。夕食はカツカレーでしたが完食^ ^

これじゃあ、メタボ街道を制限速度無視で突っ走る様なもの。行き着く先は、高血圧、糖尿病、通風?迷走する、たぬき親父の明日はどっちだ!

大手町退社後のアフターは平林か?ひらりんか?(竿休めばかり^ ^20220616)

段々とコロ助も沈静化方向だし、厭戦気分が蔓延。某国営放送気取りの、米国のメジャー中継を見てもマスク面は数える程。

そんな訳で出社制限も緩和傾向。それに伴い、出社機会も増加中。今月は3回目の大手町出社。

横浜駅から乗り込む、東海道線も結構な混み具合いだし、横浜駅も人の波が戻って来ています。

とは言え、朝方からテレワークを開始して、9:00過ぎに横浜駅から東海道線に乗り込んでるから、朝イチの混み具合いは?

10:00ごろに東京駅に到着。日本橋口には、端に旅行会社のツアコン御一行様が、ちらほらと、たむろしていました。

日本橋口を出て左手のJR管理事務所口には、布団屋が布団を回収中でした。JRは夜勤があるから、宿泊用布団も大量に必要なんだろうなぁ。

たぬき親父も若い頃には、会社には宿直室がありました。和室の部屋が二間と12名が入れるカイコ棚ベッド室が2部屋。

24時間365日入れる大浴場とサウナ、シャワー室完備。22:00まで残業すると、無料で夕食が提供されるので、良く食べてました。

更に貫徹すると0:00に夜食。(お握り2個と味噌汁、香の物)で、7:00に朝食。これも、無料支給されてました。

だもんだから、36協定(サブロク)あるのか?ないのか?月の残業数は軽く100時間越えは上等でした^ ^もう、過去の話ですね。

猛者の独身者はアパートを解約して、会社に住み着いている奴も出る始末。住宅手当&交通費不法取得でブチ締められてました^ ^

そんな事を回想しながら、会社に到着。オフィスコンビニでお茶ペットボトルを購入して、業務を開始。

お昼は久し振りに、辛子明太子&辛子高菜が食べたくなり、同僚と、みずほ銀行本店の丸ノ内永楽ビルB1(通称iiyo!!)博多モツ鍋屋やまや丸ノ内店に。

そこそこに行列が出来ていましたが、10分程度で入店。注文と支払いは先払い。この店は昼のランチにも、モツ鍋定食があります。

モツ鍋は昼には重いし、辛子明太子で、ガッツリとご飯が食べたいので、たぬき親父は焼き魚定食。本日の焼き魚はホッケ。

同僚は唐揚げ定食。辛子明太子&辛子高菜、ご飯は食べ放題。何故か、男性よりも女性客が多い。

ホッケの干物は大ぶり。辛子明太子で2杯飯を平らげて完食。まぁ、今日はこのぐらいで勘弁してやる事に。( ̄(工) ̄)/

会社に戻り、18:00に業務終了。会社を出て、一路、日本橋方面に。先月も見た、お江戸日本橋亭に。

落語芸術協会所属の春雨や雷蔵が開催している雷蔵八百夜に。毎月1回公演で半分を過ぎたところらしい。

それでも、八百夜達成は100歳を超えてしまうとか。先月は雨☔️の為、客もまばら。今日は開演前の行列が出来ていました。

入場開始を告げる1番太鼓(寄席太鼓)が鳴り出して、入場受付開始。1番太鼓は、「どんどん、どんと来い!カネ持ってどんと来い」と打つんだとか。

木戸銭の所で出納をしているのは、お弟子さんで二つ目の春雨や晴太さん。師匠の独演会前座も、務めています。

70席あまりの寄席は、入場から10分程度で、ポツポツと空きはあるものの、上々の客入り状態。

そして、2番太鼓、お囃子が始まり幕開けになり、前座は二つ目の晴太さん。演目は古典落語で有名な平林(ひらばやし)^ ^

知ったかぶりを笑う似たような話に、転失気(てんしっき)があるけど、こちらの噺の方が有名かな。

商家に務める丁稚の定吉(なんと6歳。読み書きが苦手)は大旦那から、隣町の平林宅に手紙を届けて欲しいと頼まれて、出掛けたは良いものの、途中で誰に届けるのか忘れてしまう。

困った定吉は、あちこちの人に手紙を見せて読み方を聞くと、平林が平林(たいらばやし)になり、ひらりんに。

どうも違うと別の人に聞くと、平林が「いちはちじゅうのもくもく」こんな長い名前じゃなかった?

別の人に聞くと平林が「1つと八つで十っきっき」何が何だか、わからなくなった定吉

街中を泣きながら「たいらばやしか、ひらりんか?いちはちじゅうのもくもく、ひとつとやっつで、とっきっき」

それを見かけた平林さん。「なんだ、なんだ、定吉っさんじゃないか?どうしたんだ」

「あ、平林さん、こんにちは」がサゲになる古典落語。他に「アレは、きちがいじゃないか?」「いえ。ききちがいです」

昔は年端もいかない子供を口減らしの為に、奉公に出すのは当たり前。現在の雇用契約と異なるのは、丁稚奉公は完全無給無休制度。

衣食住だけは確保されているものの、休みは正月だけ。朝から晩まで働かされる労基法など無い時代。

利発で機転が利き、働きの良い子供は長年の丁稚奉公の末に手代に昇進。初めて正式に雇用されて給金が支給される身分。

そうで無い奴は、どんどん解雇されて、放り出されるのは、いつの時代にも通じる悲しい定め。

読み書き算盤、商いのイロハを学び、認められると管理職の番頭に昇進。番頭から大番頭、更に暖簾分けを受ける事も。

まぁ、子供は親を選べないのは、仕方がないのは、現代も一緒ですね。

2番手は、来年、真打ち昇進予定(年数的に多分)の春雨や風子さん。女性噺家の色気を活用して「お見立て」を怪演^ ^

吉原の花魁(おいらん)は、落語解釈の由来では、「キツネ🦊たぬきは人をばかすが、遊女は尾っぽが無いのに人をばかす」

尾がいらん!で、おいらんになったとか、が、まくら言葉になっています。(諸説ありで、落語説は薄い説らしい^ ^)

花魁喜瀬川に入れあげている、豪農のもくべい。身請けしてかみさんに迎えようとする入れ込みぶり。

喜瀬川は田舎者で野暮で醜男のもくべいが大嫌い。数ヶ月、来なかったので安堵していた所に、もくべいがやって来た。

太鼓持ち(男芸者)の喜助に、自分は病に臥せっているので追い返せと頼んだが、もくべいは「では、お見舞いに」と帰らない。

喜瀬川は数ヶ月来なかった、もくべいに恋煩いをして食べる物も食べられずに衰弱して病死したと伝えろ!と再び喜助を送り出す。

「では墓参りに行くべ」ともくべい。困った喜助は再び、喜瀬川の元に。

「しつこい男だねェ〜。そこいらの寺に行って、適当な墓をみつくろって、墓の前に花をどっさり添えてやんな。ついでに線香も、たっぷりつけて、モクモクにして戒名が読めないようにしてやんなさいよ」

喜助はもくべいを連れ立って、山谷の寺に同行。花と線香をどっさり買い、先に墓の掃除を🧹すると、墓地入口に残す喜助。

見知らぬ人の墓に花をどっさりといけて、線香の束に火をつけて準備万端。もくべいを呼び寄せて、ここが喜瀬川の墓だと案内。

「可愛そうになぁ、こったら姿になっちまって、ゴホゴホ、、こんなに線香に火がつくほど燃やす奴があるか?煙くて墓も見えねェし、花束で戒名も読めねェ」

煙を仰いで花を退けると男の墓。違うじゃ無いか?と激怒するもくべい。しらっと、間違えました、隣の墓ですと喜助。

ところが、これは老婆の墓。憤慨した、もくべい。「いったい、吉瀬川の墓はどこだ」

喜助は「へい。ずらりと並んでおりやす。どれでも、お好きな物をお見立て下さいやし」がオチ。

トリは春雨や雷蔵師匠。演目は2本で、初めは天災。落語は言葉遊びを盛り込んだ物が多いけど、これもそのひとつ。

長屋に気が短くて喧嘩っ早い大工の八五郎が住んでいた。困ったかみさんと母親が大家に相談。

大家は博識者の先生の所に八五郎を向かわせて意見させようと、八五郎を説得して、送り出す。

博識者の先生は苦心して八五郎を説得。「短気は損気、急がば回れ。孝行したい時には親は無し」と言い聞かせるが八五郎は聴く耳を持たない。

博識者の先生

「商店の軒先で店の小僧さんに水を掛けられたとする。八五郎はどうするかな?」

八五郎

「きまってまさぁ。まず、小僧を殴り倒す」

博識者の先生

「まず?他に続きがあるのか?」

八五郎

「当たり前でさぁ。小僧の首根っこを掴んで、店に乗り込み、テメエの店では通行人に水を掛けやがるのか?この落とし前は、どうつけるんでぃ!とドヤします」

博識者の先生

「相手がいるから相手に喧嘩を売るわけだ。それでは、何にも無い広い野原で、雨☔️に振られたらどうする?」

八五郎

「雨宿り場所を探しやすよ」

博識者の先生

「それじゃよ。天から降って来た雨は☔️どうしようもない。これは天災じゃ。怒っても仕方がない事。店の小僧さんに水を掛けられても天災と思えば腹も立たないだろ?」

先生に諭されて納得した八五郎。誰かに聞いた話をしたくて仕方ない。

そんな時に、同じ長屋の留吉が浮気をして、別れる、別れないで大ゲンカ。そこで、無理矢理、仲裁に入る八五郎

たぬきはたぬき、急がば遠廻り。天から小僧が降って来たらどうする?言ってる事がめちゃくちゃ。

天災だから諦めろと八五郎。留吉は、ふざけるな!天災じゃねェ。先妻で揉めてるんだ!がオチ。

二幕目の浮世床は、当時の江戸庶民は丁髷頭なので、年がら年中、床屋通い。その為、床屋は、庶民の社交場になっていた様です。

床屋は剃刀(刃物)を使うので、戦国時代は重宝されて、外科専門としても軍勢に参加していたらしい。

床屋のトレードマークになっている、トリコロールカラーの回転灯?は赤は動脈で、青は静脈を意味していると床屋の親父から聞いたけど本当かなぁ。

髪結いの時間が来るまで、待合いでたむろしている顧客の、たわい無い無駄話の連続が落語のネタになっています。

拍手喝采で本日の寄席は終了。終演後に雷蔵師匠が寄席の外まで出て来て、帰宅する客を見送りに出て来てくれました。

此方はお弟子さんで、二つ目の晴太さんと同じく二つ目の風子姐さん。

月イチで開催されている雷蔵八百夜。次回は7月12日(火)お江戸日本橋亭で18:00会場、18:30に開演予定です。

次回も、お弟子さんが、一席づつで師匠が2席。師匠の噺は狸さい、他になります。再び時間を取り行こうと思っています。

ちなみに木戸銭は通常2300円。パンフレット有りだと、1800円。(少し早く、お江戸日本橋亭に行けば、外にパンフレットが置いてあります。)

帰りに日本橋の立ち喰い蕎麦屋に入店。デカいかき揚

げそば&いなり寿司のセットを注文。かき揚げがデカい。(玉ねぎデカい)

東京駅八重洲北口から入り、東海道線に乗り込み、横浜駅経由で帰宅しました。

次回、6/16(水)に、久しぶりに会社所属部署の主催で、ランチ会が開催される予定。もちろん、タダ飯となれば、たぬき親父に異議無し。

同日は9:00に出社予定。朝5:00起きで気合いを入れて、出勤する事にします( ̄^ ̄)ゞ

梅雨時期あるあるバイク🏍ツーリング(竿休め20220611)

コトの発端は会社主催による、各テーマ毎のweb飲み会が発端。現在ではコロ助も一時の死の病からインフル程度に脅威下降気味。

それでも、会社側では「勝って兜の緒を締めよ!テレワーク上等。自宅で働け!」奨励。

唯一の欠点としては、社内間のコミュニケーション不足やら、社交性欠落やらが指摘されてしまう事。

そこで会社が企画して、◯月生まれ、出身地別、旅行好きなどなどで、web飲み会なんぞを率先して企画。

その中のマイナーな企画として「バイク乗り🏍集まれ」があり、5月に実施した、当日の参加者は、主催者を含めて僅か5名。

うち、3名で梅雨時期のバイクツーリングを企画。内訳は、たぬき親父を含めて♂2名、♀1名。

コレだけだと寂しいので、たぬき親父友人2名♂に声掛け。♀は彼氏♂に声掛けして、合わせて総勢6名と相成りました。

たぬき親父は、ショウエイのバイクヘルメットが重くて、アタマの毛根にも良くない為、軽くて、安くて、かっこ良くて、目立つ奴をネット検索。

で、購入したのが、米国製ベル社(トレードマークはたぬき、、、?では無くてFOX)のレッドブル協賛バイクヘルメット。

少しデーハーなものの、バイクは目立つ事も事故防止措置。ついでに、痛めた右膝をカバーする膝プロテクターを購入。

コレで準備完了。ところが、やはり梅雨どきで、そうは簡単には事が運ばない。6/11(土)の天気は、毎日、猫の目みたいにクルクル。

当初は、晴れ後曇り(降水確率20%)だったのが、曇り(降水確率40%)、曇り後雨(降水確率80%)などなど。

コレは中止と申入れすると、たぬき親父の友人2人は、「また、今度ね( ´Д`)y━」と、あっさり、リタイア。

唯一の女性は「前日の午前中に決めましょう」と来た。まぁ、早々、天気が変わるモンじゃないし。

と思っていたら、前日の6/10(金)午前9:00の気象情報は、6/11(土)の天気は朝から曇天だけど神奈川県は18:00まで降水確率20%をキープ。

但し、行き先地の河口湖は午後から降水確率は50%の状態。雨ガッパ持参ならば、何とかなりそう。

たぬき親父

津久井湖駐車場集合9:00を前倒しにして、7:00スタート!昼メシを食べたら解散にすればツーリングが出来そうです」

同僚Hさん

「行きましょう。河口湖は午後から雨☔️予報だけど、午前中は何とかなりそうですね」

唯一の女性

「エ〜、その日は女友達とショッピングの約束をしたのでパスで。晴れた日に走りたい」

たぬき親父&同僚Hさん

「彼氏と一緒じゃないんかい?」

と言う事でサル者は追わず。男2人のツーリングとなってしまいました。

テレワーク勤務も終わり、自分のブログを見ると、パンダ🐼さん、のんパパさんがエイサーと格闘している様子。

ちょっくら、ぶっ込み竿とサバ餌でも持って、ふれーゆ裏にひとっ走りして来ようとバイク🏍に跨り出発。

しかし、しばらく走ると雨☔️がポツポツ。てやんでェ!雨ぐらいは、屁のカッパ!と、言う事でUターン。自宅に戻りました。

翌朝は4:00起床。近ごろの、たぬき親父は、釣り🎣に行くんだって、こんなに朝早くには起きません。

朝風呂に浸かり、身支度を整えてから、バイクに跨り、エンジンスタート。昔のバイクはチョークスタートだったので、エンジンが暖まる迄は暖機運転。

現在のバイクはクルマと同様にインジェクションだから、セル1発でスタート。即、出発出来ます。

自宅を早々に出発したは良いものの、何か忘れた?と思ったら、スマホを忘れてしまいました。

なので、ツーリング先の画像は、過去に撮影した画像やら、ネットから拾って来た画像でブログ記事を作る事にします。

中原街道に抜けて、16号保土ヶ谷バイパスを八王子方面に。町田を抜けたあたりで、追越し車線を制限速度でのんびりと走るクルマを発見。

後ろのクルマはパッシング。強引に左から追越して、嫌がらせで車間距離も取らずに即前に割り込み、ブレーキランプを光らせる。

それでも、動じない追越し車線のクルマ。後ろから来るクルマは、判で押した様に同じ事を繰り返していました。

橋本五差路を立体交差で抜けて、その先の相原方面に左折して津久井湖方面に。途中にあるマックに入り、6:00開店を待って入店。

朝食後、再び、津久井湖方面に走行。津久井湖ダム上の道路を抜けた先にある、津久井湖観光センター前のバイク専用駐車場にバイクを停車。

道路を挟んで左手にある山が城山。北条早雲代々の北条家配下の山城、津久井城址があった場所。

現在も発掘作業中なんだとか。ここは、登山道も整備されて桜も植林されている場所になっています。

ぼんやりと腰をおろして、登山道入口を眺めていると、ワンダーフォーゲルスタイルの婆さんが元気に登山道を登って行きました。

以前に富士山🗻5合目までバイク仲間とツーリングに行き、5月の雪解け時にだけ現れると言う幻の滝を見に行った事があります。

5合目駐車場から、バイクブーツ🥾で6合目付近まで登り、道を間違えて、また、5合目まで戻って登り直し。

富士山って、登ってみると、足元は赤茶けた軽石で歩きにくい。ハアハアしながら休んでいると、元気なお婆さん御一行に笑われる。

スキー板を担いで雪渓を滑ってる爺さんが、今日は3往復目だ!と抜いていくし。富士山に登ろうなんて人は気力体力が半端ない。

で、苦労して辿り着いたのが、こちら。小川じゃん。で、滝?を過ぎて100mぐらい流れを作り、富士山の地下に消えていく。

幻の滝を見に行こうと言い出したメンバーは、「良かったですね〜、また、行きましょうね」それ以来、行ってません( ̄(工) ̄)/

とか、思い出してるうちに、同僚Hさんが登場。愛車はYAMAHAのフラッグシップ、FJR1300でフルカウル、3点パニア付き、ドライブシャフト。

総重量300kg超過の戦艦。ちなみに、本日のたぬき相棒はバイク屋の代車、HONDA CBR250RR。

軽量でリッター換算で164ps、リミッター180kmまで、あっさりとブン回る軽量コーナリングマシン。

もっとも、ヘタレのたぬき親父が乗ればカメマシンに早変わり。先行は道志の道、山中湖まではHさん先行で出発。

Hさんは、重たいツーリングバイクを、ものともせずに軽々と走らせる。天気は曇天ながらも、時々、薄日が差す変な?天気。

曇りでも雲が切れていれば、富士山に向かって走る山道。そこそこにワインディングが続くのでライダーには人気の道。

渋滞も無く、山中湖に到着。ここでトイレ休憩をして記念撮影。雲の切れ間から富士山がちらほら。

快晴だと絶好の富士山🗻ビュースポットなんだとか。天気予報を確認すると河口湖方面は午後から雨☔️模様。

本来ならば、忍野八海やら本栖湖やらを廻って、お昼は河口湖のお狩場焼き山麓園で昼食を取る算段。

昼は炭火で焼くニジマスやらウズラ、イカ🦑とか山海の珍味を満喫して、カボチャ入りホウトウで〆るコース。

雨が☔️降るんじゃあ、仕方無し。直に河口湖を目指して、最終目的地の御坂峠山頂にある、天下茶屋を目指す事に。

山中湖から富士吉田方面に一般道を走り抜けて、富士急ハイランド前を通過。河口湖方面に走り、河口湖大橋を通過。

甲府方面に結構走り、左手に折れて御坂峠に入ります。ここからは対向車も少ない山道なので、ブイブイ飛ばすと途中に落石。

更に太い丸太もゴロゴロ。乗り上げたら、すってんころりんなので、速度をセーブして、御坂峠山頂にある、天下茶屋に到着。

9:40ごろに到着。天下茶屋回転は10:00からなので待つ事に。鳥のさえずりと、何故か?カエルの合唱がザワザワ。

天気が良い時には、眼下の河口湖と富士山🗻鎮座する絶景が見える人気のスポットです。

数台のクルマ、バイクがやって来たところで、ようやく開店。昭和初期の建物で重要文化財

2階の富士山を眺望できる部屋には、文豪太宰治が13日間?ぐらい滞在して、天下茶屋を舞台にした小説「富嶽百景」を出筆。

2階は太宰治記念館として、天下茶屋を訪れた観光客に無料開放しています。1階は食事処と売店

入店して、Hさんはカボチャホウトウ。たぬき親父は、あまりお腹が空いてないので、山椒味噌おでん。

注文した品物が来るまで、2階の太宰治記念館を見学。太宰治が、出筆した部屋も絶賛公開中。ここには何度も来ているけど、2階に登るのは初めて。

太宰治はあまりの寒さに、こんな所にはいられ無いと。13日で撤収したと言う逸話が残っています。その後、数回、この地を訪れているんだとか。

1階に戻ると直ぐに、カボチャホウトウと山椒味噌おでん(味噌こんにゃく)が到着。味噌こんにゃくは画像では小さく見えますが、1個あたりのサイズは、店で売っている板こんにゃくの半分程度の大きさ。

味噌に山椒とフキノトウ茹でて刻んだ物を混ぜたような。結構、美味い味噌だけど、こんにゃくが冷たいのが難点かな。

こんにゃく1本とカボチャホウトウのカボチャ🎃と交換して完食。ご馳走様でした。外を見ると観光バス🚌が停車。

中から山登りコスチュームの爺婆団体さん御一行がぞろぞろ。外に出て出発準備をしていると、山登り初心者御一行様らしく、インストラクターから注意事項やら装備品の説明を懇切丁寧に受けていました。

パイクに跨りエンジンスタート。御坂峠の神霊スポットトンネル御坂隊道(これも重要文化財指定)を通り甲府に。

インターチェンジ前でHさんとはお別れ。此方は20号線を勝沼方面に走行。小仏峠トンネルを通り、大月方面に。

途中、日本3奇橋のひとつ、猿橋で休憩。両脇から迫り出す様に伸びて、橋脚を全く使わない構造の橋。

建設者が谷川にかける橋の設計で悩んでいた時に、たくさんの猿🐒がつながりあって、沢を渡っていったのを見て橋の構造を思いついたんだとか?

大月を抜けて相模湖に出て12:00過ぎ。小腹が空いたので、休憩を兼ねて湖畔のガストに入り、ミックスグリルを注文。

まぁ、お世辞にも美味しくは無いけど、安価だし、まぁ、良いかな。1番美味かったのは中華風卵スープでした。

相模湖から原点復帰で、津久井湖駐車場に到着。観光センター売店で、酒まんじゅうと草もちをお土産に、購入。

16号線、保土ヶ谷バイパス中原街道経由で、無事に自宅に帰り着きました。時刻は、16:00過ぎ。

雨に☔️降られることも無く、無事に帰宅しました。走行距離は258.8kmでした。膝プロテクターを着用していましたが、これ、以外と邪魔で屈伸すると擦れて痛い^ ^

初めは強くバンドで締め過ぎていたからかも知れません。まぁ、無いよりは、あった方が?良いかも知れませんが。

アジ、おぼえていますか?(第9回ふれーゆ裏釣行20220604〜05)

愛おぼえていますか

歌:飯島真理 作詞:安井かずみ 作曲:加藤和彦

今、軍曹の声が聴こえるゥ〜、「裏に来いや」とォ〜、釣れなくってェ〜、たぬき〜る、ゥ、たぬきにィ〜、

今、アジ嬢の姿が見え、る、泳いでくるゥ〜、仕掛け降ろして、待っているゥ、たぬきにィ〜、

昨日までェ〜、コノシロも釣れなかァ〜ッたァ〜、裏はァ〜、今…

※おぼえていますかァ〜?、尺アジ釣り上げた🎣時を〜、おぼえていますかァ〜?、ゼイゴが触れあった時〜、

それはアジ嬢のォ〜、アジフライ、なめろうでしたァ〜、I love you so※

今、アジ嬢の、気配感じるゥ〜、離れててもォ〜、コマセ買いにィ〜、飛び出す、たぬきにィ〜、

今、軍曹のウワサ、信じますゥ〜、どうぞ、たぬきがァ〜、

行くまでェ〜、釣れていてくださいィ〜、昨日までェ〜、ボラが釣れていたァ〜、裏は今…

(※くり返し)

もう、ひとりィ〜、ぼっちじゃァ〜、ないィ〜、みんなが 釣れないから〜

(※くり返し)

もう、ひとりィ〜、ぼっちじゃァ〜、ないィ〜、みんなが 釣れないから〜

うるせぇよ!( *`ω´)/〜>* ))))><、デ、カルチャーじゃねェよ!(何のこっちゃ?マクロス知らなきゃわからないよね)

米軍機F14トムキャットにクリソツだけれど、VF1バルキリーは、飛行形態ファイターから、半戦闘形態のガウォーク、二足歩行のバトロイドバルキリーとカッコ良いったらなかった。

と言う訳で、トリッカーズ面々からの「アジ嬢廻りました!」の一報を受けて、釣りたぬき覚醒。

前日の6/3(金)テレワーク後に、キャスティングまで、アミコマセブロックを仕入れに出発。

アミコマセブロックは2種類。ドリップが、やたらと多くて、色が白っぽくて、リトルモンスター入りの本場中国製と、国産アミコマセ。(東北三陸産らしい)

毎回、本場中国製を購入していたけど、解凍するとドリップばかりで、量が少ない。これって、意外と割高かも?

と言う訳で、今回は本場中国製はパスして、国産アミコマセブロックを2ブロック購入。

ついでにセイゴ針を2袋を購入。トリック仕掛けコーナーを覗いたら全品欠品中でした。

相変わらずのトリック仕掛け人気。でも、横浜港は、何処も「釣れていない」のに、何で売れているのかはナゾ。

店員と老夫婦が話しているのが、何の気なしに耳に入って来ました。何やら店員がスマホで調べてウンチクをたれている様子。

店員

「昔は大根の輪切りにエサを乗せて針付けしたくらいで、エサ付けが結構、面倒な釣りなんですよ」

大根の輪切りを使ってエサ付けと言えば、赤虫だけど、今時、ワカサギ釣り?それとも、タナゴ釣り🎣(海タナゴじゃない奴)

老夫婦は仕掛けやら何やらを買い込んでいたから、短いワカサギ竿やらタナゴ竿も買い込んでいるのかも?

調べてみると、水温が低い、木崎湖芦ノ湖中禅寺湖なんかでは、ワカサギ釣り🎣が出来るらしい。(鼻ホジ)

子供の頃に名人級だったクチボソ釣り🎣みたいだし、氷上のワカサギ釣り🎣は、まるで、バツゲームみたいに寒い🥶

それに純国産のワカサギは小さくて、100匹釣れても、せいぜい、かき揚げが3枚取れたら良い程度。アカムシを針につけるのも、めんどくさいし。

さて、支払いを済ませて自宅に。1ブロックは玄関に放置して自然解凍。残りの1ブロックは、かみさんにバレないように冷凍庫保管。

さっさと就寝。翌朝は晴れのち曇り。のんびり起きて準備開始。もう、寒くは無いだろうから、半袖&チノパン。

日焼け止めを塗って、紫外線よけのブルーのパーカーがいつものスタイル。パンダ🐼さん情報でモスキート蚊🦟アタックが凄い!との事なので、虫除け&殺虫剤スプレー持参。

昼メシを食べてから、14:00.過ぎに出発。最寄駅から横浜経由で鶴見駅下車。コンビニで夕飯用冷やし中華、お握り、飲料水を確保。

ふれーゆ行きバス🚌に乗り込み、終点ふれーゆまで居眠り💤。パンダ🐼さん情報によると、のんパパさんはアジつ抜けとか。

それも20センチ前後の良型が釣れたんだとか。オマケにタコ🐙のオマケ付き。パンダ🐼さんはアナピーもゲットしたらしい。

ふれーゆに到着。いつもの様に通用門から裏入り。入った右手にパンダ🐼さん、ふトスさんを発見。

左手では軍曹が日焼けした顔でニコニコ。今日は19:00ぐらいから、アジが廻るぞ!と相変わらずの怪気炎。

今回、トリック仕掛け竿は、5.7mと4.7m竿の2本だけ。仕掛けもコノシロを嫌って、Wトリックはやめてシングルに。

仕掛けは、マルフジ蛍光6号Wフック7本針。オモリは15号。でアミコマセは国産三陸製を擦りつけて、一斉投入。

すると直後にバタバタと竿先が小刻みに揺れ出す。これは、カタクチイワシが廻って来たのかな?と巻き上げると何にも付いてない。

何回か同じアタリがあり、合わせて巻き上げると、抵抗が無くて重いだけ。ハイ!正解はでっぷりとした、ふれーゆ裏アイドルみんな大好き!コノシロ姐さん。

今回は切身エサ用に先着3匹まではキープする事にして、水汲みバケツに。ふトスさんも無事に?コノシロをゲット。

次にヒットしたコノシロはサバ風味の奴で、沖に向かって、スクランブルダッシュ

あちこちでコノシロが釣れ出している様子でしたが、それも30分程度で終了。その後は夕まずめを迎えても周囲が暗くなっても、アタリは皆無。

ふトスさん、パンダ🐼さんは帰宅。19:00過ぎに5.7m竿の竿先がグンと揺れて、アタリ取りの鈴がリリン、リン。

次の瞬間に竿先が、ポポポ、ポ〜ン!と跳ね上がる、夢にまで見たアジ嬢のアタリ。竿を手に取り慎重に巻き上げ開始。

良くサビキでもサカナが掛かると竿を大きく煽りますが、アジが喰って来た場合には逆効果となります。

アジは口元が薄くて弱いサカナ。不必要に合わせをかけると口切れして、針から外れて速攻で逃げられてしまいます。

なので、巻き上げる手を止めずに慎重に巻き上げる。アジは魚体が見えるか、見えないか?ぐらいでグンと最期の抵抗。

後は躊躇なくブッこ抜き。20センチくらいの厚みと幅がある、ご立派なアジ嬢。しかし、後が続かない。

20:00台に更に1匹を追加。21:00台にも1匹を追加。軍曹がやって来て「今夜はダメダメだぁ〜、全然、釣れてない!」

そんな事は百も承知。今夜も廻って来る、アジ嬢の群れは小隊クラス。それでも、釣れると20センチ前後の良型サイズ。

結局、日付けが変わる、午前0時前、アジ4匹にコノシロ4匹と言う貧果炸裂状態。軍曹もねぐらに消えて風だけが吹いてる。

風が吹いているので、蚊🦟が飛んでこないのは幸い。折りたたみ椅子に腰を据えて、パンダ🐼さん宜しく居眠り開始💤

2:00に目が覚めた時には、風は止んで無風状態に。ぶっ込み竿を3本出していたものの、アタリはなく、巻き上げても、餌が喰われてない。

トリック仕掛け竿を巻き上げると、4.7m竿に10センチ程度のヒイラギがついていました。

引き上げるのが遅くて昇天済みなので、水汲みバケツにIN。

風も無く、潮の流れも無く、つばさ橋や大黒埠頭を走り廻る暴走族の爆音も無い。ふれーゆ前の京浜運河はおなじみのコーヒーミルク色で波も無く、お見事な、ふれーゆ沼。

沼でアジが釣れる訳もなく、サカナが釣れた歓声も聞こえてこない。それでも、竿を上げて仕掛けを巻取り、アミカゴにアミコマセを詰めて仕掛けに擦り付けて投入。

ボンヤリと足元の海を見ていると、茶色の海の中にギンギラの細長い魚体がギラギラ。それも数匹がギンギン、ギラギラ。

どうやら、アミカゴから流れるコマセに集まった、ヒイラギやカタクチイワシを狙って集まって来た様子。

しばらくして、竿先がガクブル。コレは間違う事が無い、アジ嬢のアタリ。タチウオが喰いつくと面倒なので、ゴボウ抜き。

少し小さい17センチのアジ。タチウオがたむろしている中、1番下の針に喰って来た、見上げた猛者アジ。(腹ペコなのかも^ ^)

再度、アミコマセを詰めて、仕掛けを投入したものの、後続無し。やはり、甘く無い。折りたたみ椅子に腰掛けてぼんやり。

すると、静かだった竿先がガクガク。駆け寄って見てると、次の瞬間に竿先がドキュ〜ン!と引き込まれて.5.7m竿が弓なり。

慌てて竿を手に取ると、久々のサカナらしい手応え。巻き上げようとすると、サカナが左にダッシュ

次の瞬間にテンション・ゼロ。竿先がピョンと跳ね上がる。巻き上げるとトリック仕掛けが途中から15号のオモリごとプッチン。

何か雑魚が針がかりして、それにタチウオが喰って来た様子。タチウオの鋭い牙だと、トリック仕掛け6号の幹糸1.5号なんか、無いも同然。

そこで、フロロカーボン幹糸3号&7号Wトリック仕掛けに交換。アミカゴにアミコマセを詰め、仕掛けにも、たっぷりと含ませてから投入。

しばらくして、前回と同じ様にガクブル。少し放置すると、ドキュ〜ン!竿を持ち合わせると、ドラグがギュンギュンと唸る。

間違い無くタチウオ野郎^ ^少しドラグを締めて巻き上げ。沖に走るのを足元まで寄せると、今度は浮いてから底にダッシュ

針がかりが外れたらしく、竿のテンションが、またまた、ゼロに。仕掛けを巻き上げると、真っ二つに両断されたヒイラギ。

カタクチイワシなら丸呑みだけど、ヒイラギは幅があるサカナだから、針がかりせずに、ヒイラギに喰いついていたらしい。

サバ切り身、コノシロ切り身をつけて、再度、投入。仲間が暴れたせいで危険を察知したのか?足元のタチウオが退散。

そのまま、夜明けの前の空に。軍曹も元気に出勤して来た頃、夜明けに。周囲が明るくなって来ると家族連れが続々と来場。

コノシロ、カタクチイワシがポツポツと廻わり出したので納竿。

竿を仕舞い込もうとして、アミコマセカゴを開いて海面でバシャバシャすると、型が良いカタクチイワシが3匹着いて来ました。

左手に入って来たカップルに進呈。ついでにカタクチイワシのタナを教えると、カタクチイワシがポツポツ釣れていました。

道具のしまい込みが終わり、通用門口通路のクランク部分に掲げられた看板が新しくなっているのを発見。

軍曹を呼んで来て確認。軍曹も新しい看板になったのは知らなかった様子。以前に記載があった、投げ釣り禁止の文言が削除されていました。

また、危険物持ち込み禁止の文言が追加。また、よくよく見ると、ご利用案内の下が白の

マスキングテープで消されています。

テープが薄いので、下の文言が透けて見えているので読むと、「利用時間:9:00〜17:00」までと記載が( ̄(工) ̄)/

マジ?コレ?まぁ、諸官庁の管理認識はこんなモンなんだろうけどね。さすがに、利用者からの苦情、反発があったか?

それとも、単なる間違いだったのか?いずれにせよ、利用時間短縮になる恐れもある場所と言う事だな。

まぁ、この時間帯だけ釣り🎣がOKなら、誰も来ないけどね^ ^軍曹に再開を約束。

サカナより釣り人が多い、ふれーゆ裏を後に、鶴見駅行き始発バス🚌に乗込みました。

本日の釣果

アジ5、カタクチイワシ3、コノシロ4、ヒイラギ1

2022年総合釣果 アジ9アナゴ1 カタクチイワシ36カサゴ1 コノシロ36コハダ3 サバ13 タチウオ1 ハゼ1ヒイラギ1

アジはおろして塩を振り、15分放置して臭み抜き。塩を流水で洗い流してから、キッチンペーパーでキチンと水切り。

レモン汁🍋を絞って振り掛けてから、塩コショウをしてから、タマゴ、パン粉をつけてアジフライに。

コレを食べたら、定食屋や惣菜コーナーのアジフライは食べられません。全然、臭みが無くて、フワフワのサクサク。

惜しむらくは、10匹は欲しいところ。こればかりは、アジ団体さん御一行次第。

コノシロは切身エサにするところ、ご近所さんが、コノシロ甘酢漬けにしたい!ので欲しい!と言うのでウロコを取り三枚おろし。

コレも、たっぷり塩をふりかけて、斜めにしまつ15分放置。すると、塩が身に付いた水分を吸ってドリップが流れて来ます。

流水洗浄してから、水気を切って、レモン汁🍋をふりかけると、臭みはゼロに。この状態で、サランラップに包んで進呈。

甘酢に24時間から48時間冷蔵庫で漬け込むと、小骨が柔らかくなり、気にせずに食べられます。

多少、歯応えがあるものが好きならば、24時間ぐらいが良いかも知れません。たまには、持って帰るのも良いかも。

次回は6月半ば以降の釣行になりそうですが、週末の天気次第。それでは、昼も、夜も、朝も、釣れない、ふれーゆ裏でお会いしましょう。