ふれーゆ裏たぬきのトリック仕掛け釣り日記

横浜港奥の『昼間は釣れないふれーゆ裏』での夕まずめ釣りをメインに1年中、アジ嬢を追いかけまわしております。

大黒ふ頭から爆風^ ^(第32回ふれーゆ裏釣行20191214)

埠頭を渡る風

by:松任谷由実

替え歌で、

「ふれ裏を渡る風」

f:id:tanukifureiyu:20191218212836j:plain

トドの匂いが ふれ裏の果てに続いてる

釣れない夜は たぬきもあさりに来ない

大黒の灯りは寂しくひかる集魚灯

前触れも無しに 私の竿を揺らして

f:id:tanukifureiyu:20191218212921j:plain

ふれ裏を渡る風を見たのは

いつかパンダが雷を避けた日だったよね

今のふれ裏は何にも釣れない

忘れた魚群を探しにここへ来たの

もうそれ以上 もうそれ以上

トド松なんて釣れなくいいのよ

いつでも暴れる姿イヤになる

f:id:tanukifureiyu:20191218213017j:plain

クルマを積んだキャリアの前で

トド松かかえる パンダはマジに生臭い

だから汚いタオルをあげるよ

それは失くしたゴミ箱に捨てるように

もうそれ以上 もうそれ以上

やさしくなんてしなくていいのよ

アミコマセに手を入れる姿好きだから

f:id:tanukifureiyu:20191218213051j:plain

白いと息が闇の中へ消えてゆく

凍える夜は 私の竿を揺らして

ヤル気無いアタリでコノシロ姐さん

釣れたら 何も言わずに横顔で笑って

トドの匂いが ふれ裏の果てに続いてる

釣れない夜は たぬきもあさりに来ない

大黒の灯りは寂しくひかる集魚灯

前触れも無しに 私の竿を揺らして

ラララ…

うるせぇよ( *`ω´)/〜>* ))))><

今回はペイトンさんとパンダさんの

熱烈なリクエストで、ユーミンの、

「埠頭を渡る風」の替え歌で始まり

ました。

出来映えは、期待通りの酷い出来映

えかと思いますが、いかがでしょう

かね?さて、昨年の同月はアジのつ

抜けは、あたり前田のクラッカー状

態(わかるかなぁ〜、わかんねぇだ

ろうなぁ)だったのが、今年はまる

でダメ夫状態。

かわりに暴走超特急トド松が仕掛け

を加えて走り廻る始末。のんパパさ

んは、触るとイタタのアイゴ〜サラ

ンヘヨまで釣り上げるし。

先月までのタチウオパニックも終息

して、段々と人気も薄れて来た鶴見

のふれーゆ裏です。

前日13日(金)から14日(土)開け

方まで夜間切替対応業務。朝方始発

で東京駅から自宅に帰宅。

11時まで仮眠してから、ふれーゆ裏

に出陣。12月14日と言えば赤穂浪士

討ち入り事件があった日。

子供の頃には、たいして興味はなか

ったけど、中年期以降には高輪泉岳

寺をみたりで結構、興味が出てきま

した。

時は元禄15年12月14日。夜半から

深深と振り続く雪の中、本所深川町

に鳴り響く山鹿流陣太鼓の一打ち、

三打ち、三流れの云々。

f:id:tanukifureiyu:20191218213232j:plain

歌舞伎、講談、映画、ドラマでは、

敵役吉良はメチャクチャ悪いたぬき

親父で浅野内匠頭は美男子^ ^

歴史に興味が無い人は、なんのこっ

ちゃ、なんだけどつまらない中高の

歴史とは異なり、史実はドロドロの

人間模様。

現代に置き換えるならば、大企業の

同族企業徳川商社の子会社の子会社

である、赤穂商事の若社長浅野さん

がやらかした事件。

大企業徳川商社社長の母親が、国民

栄誉賞を受賞。その式典を取り仕切

る本社総務部長吉良さんに式典準備

を進めていた松の間で、いきなり、

蹴り飛ばした。

当然、徳川商社は浅野社長はクビに。

子会社の子会社赤穂商事は解散。

怒った専務大石さんは徒党を組んで、

吉良邸に討ち入り。

みたいな事件。当時は徹底した家長

主義で、父親の権威は絶大。まして

や、侍の世界で主君は馬鹿だろうが

なんだろうが主君は主君。

その恨みを晴らした赤穂浪士は重罪

人だけども、主君の無念を晴らした

義士でもあり、徳川幕府も悩みに悩

んだ末に、罪人ではなく士分に与え

る名誉の切腹としたわけですね。

不運なのは、その後の吉良家。夜討

朝がけとは言え、赤穂浪士側は死者

ゼロ、吉良家は死者多数。幕府から は、士道不覚悟でお家取り潰し。

f:id:tanukifureiyu:20191218213454j:plain

勝てば官軍、判官贔屓は日本の伝統

で吉良は悪い奴、赤穂浪士は義士に。

しかし、そんな評判が出る前に迷惑

を被った高輪泉岳寺は、赤穂浪士

遺品を全て二足三文で売っ払う。

当時のファンから泉岳寺に抗議殺到

して、驚いた泉岳寺は数倍もの価格

で買い戻した逸話が^ ^

面白い話としては、赤穂浅野家は、

元々の領地は、今の茨城県筑波や、

笠間。それが、播州赤穂に国替えと

なった為、討入りの浪士にも茨城県

(当時は常陸国)出身者が多数。

元々、浅野家は豊臣秀吉の奥さんの

寧々(おね?)の実家で豊臣政権下

では徳川家康とタメの五大老

関ヶ原で徳川側につき手柄をあげて

政権下でも、42.6万石を有して、

安定した基盤を経営。

播州赤穂藩は本家浅野家の分家の下

の分家にあたる5万石程度の小藩で

はあるものの、精塩を認可されてい

て、数倍の石高を有していたらしい。

さらに、大石内蔵助の次男は、たし

か、本家の広島藩浅野家から家老と

して迎えられる高待遇。討入り不参

加の武士達は親戚縁者から恥さらし

と罵られて詰腹を切らされた者も。

さてと、このブログは、たぬき親父

の釣りのブログ。また、機会がある

際には高輪泉岳寺の画像でもUPしま

しょう。

東京駅から乗った横須賀線に、川崎

駅から大黒で良く見かける釣り人が

釣り道具を担いで乗車してきました。

これから、大黒海釣り公園にアジ釣

りに行くとの事。たぬき親父は?と

聞かれて、自宅で仮眠してから、

ふれ裏に行くと答えたら、バカだね、

お互いにと苦笑い。

自宅に帰宅して風呂に入り11時まで

仮眠。11時に起きて食事を取り準備

をしてから、12時過ぎに出発。

天候は晴れ。パンダさん情報だと、

南風が吹き荒れている様子。バスを

降りて、ふれーゆ館内のトイレ拝借。

裏の通用門から、ふれーゆ裏入りす

ると、正面右手にパンダさんとカー

トを発見。パンダさんの左手を開け

ていただき道具を降ろす。

パンダさん、いつも配慮をいただき

ありがとうございます。そのパンダ

さんは、タコ竿を抱えてタコの巣に

出発。

のんパパさん家族も現れて、左手の

コーナー先に。天気は良いものの、

南風が強く吹いて海面にも白く波が

立っている状態。

軍曹がやって来て、一昨日までは、

良かったが、今朝はハズレてアジが

廻らずみたいな話を秋田弁で熱弁。

4.5m竿に蛍光7号ダブルフックの、

トリック仕掛け+オモリ12号をつけ

て、底からひと巻きして竿掛けに。

f:id:tanukifureiyu:20191218213617j:plain

置いた瞬間に、カタカタと竿先が、

揺れてアタリ取りの鈴が鳴った瞬間

に真下の海面に向かって、竿掛けを

揺らしながら竿先がズドン。

慌てて竿を取り立ち上げると、ドラ

グが音を立てて道糸が出て行く。

弱まった所で、ゆらりと姿を見せた

のは、デカい黒鯛。

スッと横になった瞬間に魚体をひる

返して海底に向かい疾走。ハリスが

プッチンと切れてサヨナラ。

隣の5.4、5.7m竿の蛍光8号ダブル

フックにかかれば良いのに、塩が澄

んでいるのか、眼が良いのか、こち

らは、Out off 眼中。

再び投入した4.5m竿に、またまた、

黒鯛のアタリ。今度は7号針がのさ

れて逃走。

パンダさんが20分足らずでタコ釣り

を諦めて帰還。やはり冬のタコ釣り

は難しいらしい。

5.7m竿に大きなアタリが出て、巻き

あげると、70センチクラスのトド松

がこんにちは。暴れなくなったとこ

ろで、ゴボウ抜き。

パンダさんの様に豪胆に鷲掴みをす

るのは避けて、タオルで掴み、針を

外す。外したトド松をパンダさんに

進呈しようとしたが、拒否られたの

で、柵越しにリリース。

しばらくして、今度はパンダさんの

竿を揺るがす大きなアタリが!魚が

見えてくるとデカいイナダ?これを

パンダさんも豪快にゴボウ抜き。

正体はメガサバでした。廻りは釣れ

ておらず、ギャラリーが集まって、

賑わっていました。

パンダさん

「たぬきさん、サバを釣る方法が、

わかりましたよ!」

たぬき親父

「なんかコツを掴んだ?」

パンダさん

「寝なきゃ良いんですよ^ ^」

座布団没収( *`ω´)/

そんなこんなで、16時〜16時半が

地合いとなり、静かだった竿3本

が全て、お辞儀してアタリ取りの

鈴が鳴り響く。

アジはふれーゆ裏のレギュラーサ

イズで17センチ前後。W2回とか、

善戦したものの、6匹を釣り上げ

たところで回遊終了。

f:id:tanukifureiyu:20191218214121j:plain

強風だった南風も収まり、ほぼ、

無風状態に。

暗くなり集魚灯を点灯しても効果

無し。19時半位に折り畳み椅子に

腰掛けて、パンダさんといままで

乗って来たクルマ遍歴やバイクの

遍歴で盛り上がっていると遠くか

ら鈴の音が。

f:id:tanukifureiyu:20191218214044j:plain

たぬき親父

「ウッセェなあ〜。誰の竿だよ」

パンダさん

「あれ?たぬきさんの竿じゃない?」

たぬき親父

「マジ?あれ、ホントだ」

5.7m竿が左の5.4m竿の仕掛けを巻き

こんで、盛大に揺れてる。5.4m竿を

パンダさんが巻き上げてくれて、

同時にゴボウ抜き。

40センチサバと25センチアジのWだ

けど、なんか、釣れた気がしないし、

仕掛けはぐちゃぐちゃに。

f:id:tanukifureiyu:20191218213802j:plain

仕掛けを解いてる間に、パンダさんが

サバを〆てくれて、血抜き。ふれ裏の

名物メガサバ・フルーツポンチ。

(生臭い〜けど、色は鮮やかな一品)

f:id:tanukifureiyu:20191218213846j:plain

その後、20時過ぎまで粘ったものの、

折り畳み椅子に座り込んだパンダさ

んが、パック納豆をそのまんまパク、

パクしてるのを見て、ポッキー。

f:id:tanukifureiyu:20191218213951j:plain

納竿となりました。

f:id:tanukifureiyu:20191218213920j:plain

本日の釣果

アジ7、サバ1、トド1

2019年釣果(釣行41回目)

1回あたりのアジ・アベレージ

11匹

数字は常に二桁をキープ。

これは、なかなかだな。

2019年度目標アジ1000匹

達成まで、あと548匹!^ ^

ムロアジを含んだ数字)

アジは、なめろうにして食卓に。

サバは、今期最高の出来栄えで

味噌煮に。画像を撮る前に骨に。

2019年度の釣果

アジ422

ムロアジ30

小アジ345

マイクロアジ394

イシモチ1

カタクチイワシ1118

カサゴ3

カマス1

カマス

カタクボイワシ7

カニ2

キス2

コノシロ145

サッパ57

サバ14

子サバ10

タチウオ3

トド8

海タナゴ19

メジナ5

メバル123

グーフー4

ヒイラギ17

たぬき2

落としたクロダイ3

落としたコノシロ 数知れず^ ^

貰ったシリヤケイカ1^ ^

貰ったタコ2^ ^

貰った子ダコ1^ ^

貰ったアジ1